玄米ダイエットの効果


a0027_002663

玄米ダイエットをしている人が最近とても増えています。体にいい食べ物であるとも玄米については言われていますが、玄米ダイエットのやり方はどういったものでしょう。主食の中でも特にビタミンとミネラルが豊富だといわれているのが玄米です。玄米は米のもみがらを除去しただけのものですが、白米と比べると、栄養成分には格段に差があると言われています。現代の日本の食生活は欧米化し、脂質やタンパク質の摂取は増えてもビタミンやミネラルの摂取が不足しがちだといいます。

ダイエットのために食事量を減らしていると、どうしても栄養が足りなくなりますので、玄米でうまく補うようにするといいでしょう。主食を白米から玄米に変えるだけでダイエット中の栄養を効果的に補うことができるでしょう。便秘の救世主となる食物繊維が多く含まれていることも、玄米を食べるメリットの一つだと言えます。便秘を解消することはダイエットにとっても非常に重要です。

ゆっくり噛んで食べることによって消化もよくなり満腹感も得やすくなります。体内に蓄積されている老廃物の排出効果もありますので、お肌の調子が結果的によくなったという人もいます。老廃物がしっかりと代謝できれば体が温まり健康にも良いといえます。玄米ダイエットは痩身効果のみならず、体にとって様々な利点を得ることができるといいます。

玄米ダイエットのやり方


玄米ダイエットは健康的に痩せられるということで人気のダイエットです。これまで白米やパンを食べていたものを、玄米にするだけで玄米ダイエットが可能です。いつも白米を食べている食事を玄米に変えるので、初めて食べる場合にはなかなか慣れないかもしれません。まずは、白米と玄米を一定量ブレンドして炊いて、食べてみるといいでしょう。

慣れてきたらだんだんと玄米の割合を多くしていきます。玄米ダイエットで何よりも大切なことはよく噛むということです。玄米は白米わりもよく噛まないと飲みこめませんので、自然と咀嚼の習慣がつきます。噛むことによって満腹中枢が刺激されて、今まで食べていた量よりも少ない量で満足することができます。玄米を食べるための手段が決まっていないことも、玄米ダイエットの魅力です。玄米を食べやすく工夫してみてください。美味しい食べ方を自分なりに工夫して楽しむことができます。

玄米メニューは、洋食より和食との組み合わせのほうが合っているといいます。和食をメインとした、カロリーの低いおかずを作るようにするのもダイエットに効果的です。毎回、玄米を炊くのが面倒という人は、休みの日などにまとめて炊いて冷凍しておけばいつでもダイエットに役立てることができます。年齢や性別を問わずにできる玄米ダイエットで、健康増進とダイエットを両立させていきましょう。

玄米ダイエットとは


玄米ダイエットが健康に良いということで話題になっています。ダイエットに玄米を使うというのは、どんなやり方が効果があるのでしょう。以前は玄米を購入できるのはお米屋さんぐらいでしたが、最近はどこでも手に入るようになりずいぶんと身近な食材になっています。

玄米ダイエットとは、主食に玄米を食べるというダイエット方法です。米やパンの代わりに玄米を食べるだけという、とても簡単なものです。玄米というのはお米から籾殻を取ったものですが、白米とどんな違いがあるのでしょうか。白米になくて、玄米にあるものは、胚芽とぬかの部分です。これが、米全体の栄養価を大きく異なるものにしているというわけです。玄米のビタミンB1は白米の4倍以上だといわれています。食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍だそうです。

玄米のよいところは、栄養がたっぷりなこと以外にもあります。食べ応えがある玄米は、十分に噛んで食べることが求められます。たくさん噛んでいるうちに糖分が抽出されて満腹感が出ます。たくさん食べなくても満腹になることができるため、カロリー制限をしたいダイエットにはよく合っています。玄米を主食にして野菜を中心に食べるマクロビオティックも流行しており、さまざまなレシピ本も出ています。体にいいダイエットを成功させるため、マクロビオティックのレシピ本などを使いつつ玄米料理に挑戦してみてください。